行政文書管理アカデミー ―行政文書管理のエキスパートを養成―

現在位置:
ホーム > 受講案内 > 開講科目紹介

開講科目紹介

行政文書管理アカデミーは,1年制専門職大学院並みの研修内容を具備し,行政文書管理の専門職要員に求められる12の専門的な理論と実務科目を開講しています。

開講科目一覧

科目名 担当教授 内容
行政文書管理の全体像 廣田傳一郎 公文書管理法のモデルになった「AKF」の理論と実務を,創案者から学ぶ。
分類と検索 内田俊哉 行政文書管理の肝である分類を取り上げ,職員一人一人が分類できるよう、そのノウハウを学ぶ。
分類演習Ⅰ / 階層分類 渡辺克博 バインダを分冊してフォルダ化し、ツミアゲ式階層分類技法を駆使して、仕事の見える化と自己検索の高速化を実証する。
分類演習Ⅱ / 水平分類 内田俊哉 第1ガイド及び第2ガイドを用いて、業務プロセス式水平分類技法を駆使し、課内情報共有化と他者検索の高速化を実証する。
管理原則と書庫管理 別府雅彦 行政文書の保管と保存に係る管理原則を学び,併せて書庫を情報センターに変身させる管理のコツを学ぶ。
維持管理・自主管理 中尾博英 行政文書管理の維持管理と自主管理について,行政組織のニーズに対応した動的な改善や再構築などの具体的な手法を学ぶ。
電子文書管理システム 落合和之 電子データと紙文書との一元的管理・活用技法を学び,総合的な文書管理システムを理解する。
アーカイブズの評価選別 坂口貴弘
江川毅
アーカイブズの意義と役割について概説し,行政職員による業務プロセス式水平分類技法を応用しての評価選別技法を学ぶ。
公務員倫理・情報倫理 原田三朗 情報管理に伴う倫理的課題とアカウンタビリティ・コンプライアンス・利益相反の概念を学ぶ。